武井壮の兄・武井情の死因。坂上忍の付き人?元嫁はオリンピック選手?

Pocket

元陸上競技選手であり、タレントとして「百獣の王」を目指されているという武井壮(たけいそう)さん

現役選手時代は100メートル走の最高記録を保持していたりと、かなりの実力者でした。

そんな武井さんですが、兄が亡くなられるという辛い経験をされています。また、離婚歴があるという話もあったので、そちらについても見ていきましょう。

武井壮のプロフィール

まずは武井壮さんのプロフィールをご紹介します。

本名:武井壮
生年月日:1973年5月6日
出身地:東京都葛飾区
身長:175cm
体重:69kg
職業:タレント、マルチアスリート
肩書:百獣の王を目指す男

神戸学院大学に入学後、陸上競技を始め、中央大学にスカウトされた事をきっかけに、卒業後進学する事になります。

その間に、日本陸上競技選手権大会での優勝や2015年までの間、100m走の日本最高記録を維持するなど、目覚ましい実績を残されました。

卒業後はスポーツトレーナーとして活動されていましたが、2003年ごろから芸能活動も同時進行で始め、2012年のバラエティ番組「うもれびと」に出演された事をきっかけに世間に名前が知れ渡ります。

スポンサードリンク

この出演の際の「百獣の王を目指す男」という肩書は現在でも武井さんに定着しており、現在ではバラエティー番組のレギュラーの仕事などで、大忙しのようです。

そんな武井さんですが、幼少期はかなり波乱万丈な生活を送られていたようです。

まず武井さんの両親はまだ情さんと武井さんが幼いころに離婚

母は行方知れずとなり、父に育てられたものの、父は別の家庭を持っていたため武井さんは情さんと2人きりの生活を送っていたそうです

幼い子供2人にこの生活は辛すぎますね。両親による子育てが一番必要になる時期です。

兄がいたからまだ良かったですが…。

しかし、武井さんはそんな両親でも感謝しているそうです。そんな時期があったから逆に頑張る事が出来たのかもしれません。

武井壮の兄・武井情について【写真】

さて、幼少期から2人で過ごしてきたという、武井壮さんの兄についてお話していきます。

お兄さんの名前は、武井情さんです。

ご両親が離婚されてから、壮さんと一緒にいる事がとても多かったそうです。

後ほどご説明しますが、兄の情さんは24歳という若さで亡くなられています。長年一緒に暮らしてきた弟の武井壮さんからすればこれほど辛い事は無かったでしょう。

2017年にフリーアナウンサーの小林麻央さんが亡くなられた時、以下のようなコメントをされています。

「僕も22歳の時に2つ上の兄をがんを亡くしていて、その時を思い返してみたら、人生で一番泣いたのはその日だなという思い出がある。失ったもの、喪失感は凄い大きかった。でも、それが大きければ大きいほどその後にも頑張れた。海老蔵さんにも幸せになってほしい」とエールを送った。

大切な人を亡くされた市川海老蔵さんに、当時の自分が重なったのかもしれませんね。

24歳という若さでこの世を去った武井情さん。

どのような人生を歩まれてきたのか、見ていきましょう。

俳優を目指していた?

武井情さんは、弟の武井壮さんと一緒に母親がなく、父親が殆ど家にいない家庭環境で幼少期を過ごします。

そして、中学校を卒業後、俳優になることを志したそうです。

中学時代は野球部に所属しながら、3年間、試験成績学年1位をキープ。そんな武井の中で支えになっていたのが2歳年上の兄・武井情だという。

「有名になって多くの人に認めてもらい、喜んでもらいたい」という理由から俳優を目指し、養成学校に通っていたが、22歳の頃に体調不良を訴え、末期がんであることが発覚。

24歳という若さでこの世を去っていることは武井自身がブログやテレビでも明かしている。

幼少期に親からあまり愛情を注いでもらえなかったでしょうから、認めてもらいたいという思いは強いものになりますよね。

また、両親が家にいない、自分たちのような子供たちにも喜んでほしいと思って俳優になろうとしたのではないでしょうか。

情さんはとてもお優しい方だったのだと思います。

俳優として駆け出していた時期に亡くなられたので、残念でなりません。

先輩俳優の付き人などを経て、20歳になるころには、TVCMや、Vシネマ、TVドラマなどにも出演!!

長い下積み生活を経て、俳優としてのこれからを期待されていた方でした。

ご冥福をお祈りします。

死因の癌は小腸癌。

兄の情さんの死因は末期癌だったという事ですが、どうやら小腸癌だったようです。

その矢先、23歳の誕生日を迎える頃に、体調不良を訴えて入院した兄の身体が末期の癌に冒されていることが判明したようです。

武井壮さんが当時の事について語られていました。

7月を迎える頃になると、彼は意識の薄い状態もしばしばあるほどに 衰弱し、抗がん剤のダメージは彼の身体を激しくむさぼり、下肢は水風船 のように膨らみ、脂肪は全て削げ落ちて、まるで餓鬼のような外見になっていたのです」

弟の壮さんとしては、大切な兄が衰弱していく様は見ていてとても辛かった事でしょう。

兄の容態はいつ急変するか分からない状態で、2週間を予定していたヨーロッパ遠征は私にとって日数以上に長いものであることを理解していたこともあり、私は一時中止を決意したほどでした。

「しかし、兄は私に「俺は大丈夫だから、好きなことをやって頑張ってきな。できるうちにやっておかないとならない事があるんだから。」と、今にも消え入りそうな声で囁きました。」

その後武井さんは大会で優勝。しかし帰国後会ったお兄さんは衰弱していました。そして一週間後息を引き取りました。

「兄は今でも私を大きく支えてくれています。」

「男は全開」こんな言葉を実践できるのもこうした出来事に支えられているからだと感じています。 別れは辛い出来事でしたが、私にとってその出来事が 私を今よりもっと高い場所へと導くベースになっているんですね。

自分はもうすぐ亡くなるかもしれないというのに、最後の最後まで弟である武井さんの事を思いやっていたようです。

今も兄が武井壮さんを支えてくれているという台詞がとても重いですね。

もちろん、兄の情さんが病気にならず、今も元気に生きてくれていた方が良かったのだと思いますが、それでもその時の辛さをバネにして壮さんも頑張る事が出来たのでしょう。

実際、情さんの「認められたい」という思いは、弟である壮さんが受け継ぎ、見事かなえられていますからね。

亡くなられたお兄さんもきっと喜んでくれている事でしょう!

スポンサードリンク

坂上忍との関係は?付き人だったの?

さて、兄の武井情さんは、生前タレントの坂上忍さんと関係があったそうです。

お二人がどのような間柄だったのか調べてみたところ、どうやら坂上忍さんは当時俳優を目指されていた武井情さんを付き人にされていたそうなんです。

2014年7月20日に放送された「さんまのからくりTV」で武井さんと坂上さんが兄の情さんについて語られていました。

20年以上前、坂上は俳優を志していた武井の兄・情さん(享年24)の面倒を見てくれるよう頼まれ、情さんを付き人として雇った。そして、一緒に野球チームでプレーするなど公私ともにかわいがったという。

しかし、情さんが突然、体調不良を訴えた。闘病中も、坂上は野球に誘い出すなど元気づけたが、1年もたたずに他界。その後、坂上は「(情さん以上には)愛情を注げない」という理由で付き人をつけていないという。

武井は「不安定な生活の兄の面倒を見てくださったり、無名だった兄の俳優デビューを実現してくださったりとか、いつも兄は坂上さんのことを僕に話して、誇らしい顔だったことを覚えています」と感謝。

さらに武井は続けた。「私がテレビに出るようになって番組の収録でお会いした際にも、忍さんから“お前、情の弟だよな。ごめんな、しばらくになっちゃって”とおっしゃってくださいました。でも謝らなくてはいけないのは私たち家族です。お礼も言えないまま20年以上たってしまいました。大変申し訳ございません。そしてお礼を申し上げたいと思います。兄、情に深い愛情を注いでくださってありがとうございました」と感謝の言葉を口にした。

これには、坂上も「誰にも言ってなかったんで」と思わぬ縁にしんみりとした様子だった。

因みに情さんの葬儀では坂上さんが弔辞を読み上げました。

情さんは生前、坂上さんに良く弟の自慢をしていたそうで、坂上さんによると「(弟に)何とかなってほしい」と言っていたそうです。

弟の壮さんにも活躍してほしいと思っていたのでしょうね。

そして、情さんが亡くなられた後、壮さんがテレビに出ているのを目撃した坂上さんは号泣したそうです。

それほど深く、自分の付き人をしていた情さんを可愛がっていたんですね。坂上さんにとって、情さんは弟のような存在だったのでしょう。

情さんの死は武井壮さんにとっても坂上忍さんにとってもショックな事ですが、こうして二人の会話を見ると、改めて兄弟や、芸能人同士の絆の強さを感じますね。

武井壮の元嫁(妻)はオリンピック選手だった?【画像】

あまり知られていませんが、武井壮さんには離婚歴があります。

2004年に結婚されていたようですね。

これまで武井壮さんの結婚事情については公にされてきませんでしたが、週刊文春が報道したことによって発覚したそうです。

元嫁は一体誰だったのか、ネット上では「オリンピック出場者」といった噂があり、一人の女性アスリートの名前が挙がっています。

元嫁(妻)は新体操選手・山田海蜂?

武井壮さんの元嫁としてもっとも信ぴょう性が高い人物は、元新体操の山田海蜂さんです。

週刊文春が報じた、武井さんの元奥さんの条件というのがこちらで、

マッスルミュージカルで武井壮と共演
オリンピック出場歴を持つ
女性アスリート

出会って半年で結婚
現在も独身
良いところのお嬢様

この条件に合致している人物という事で山田さんの名前が挙がったそうです。

まず山田海蜂は1992年、1996年にオリンピックに出場をしています。

そうして武井壮は元嫁と出会って半年、2004年に結婚をしているので、2003年から2004年にマッスルミュージカルで共演をしていれば可能性はとても高い。

そして山田海蜂は2003年8月にマッスルミュージカルの公演に出演。

武井壮も2003年8月にマッスルミュージカルの公演に出演をしており共演歴はあるようです。

山田海蜂がお嬢様で現在も独身かは少々不明ですが可能性としてはなかなかに高そう。

真っするミュージカルで共演しているということであれば、それをきっかけに交際・結婚に発展している可能性も考えられますから、彼女が元奥さんだった可能性はかなり高いです。

離婚理由は何だったの?

2004年ごろに結婚したと言われている武井さんと山田さんですが、結婚後1年余りで離婚されています。

離婚理由としては以下のものが挙げられています。

武井さんは当時ゴルフのトレーナーやアスリートのコーチなどで全国各地を転々とする生活をしていたり、大変忙しくて夫婦で過ごす時間が無かったようです。

武井壮さんが元嫁の山田海蜂さんに「俺のこと必要?」と聞いたところ、返ってきた答えが「分からない」ということだったので、1年余りの結婚生活にピリオドを打ったそう。

離婚原因としてよくある「価値観の相違」ではなく、「生活リズムの不一致」だったようです。

仕事に関する問題はどうにもならないところが多いので、辛いところです。

また、離婚した理由として「浮気」も挙げられていますが、こちらについては証拠は特にありません。

しかし、武井さんは2007年ごろに女性と交際しており、浮気が発覚して破局したという事を週刊文春が報じています。

2007年にお金持ちのファンと交際開始し、共同で会社を設立。

このころはその彼女にほとんどお金を出してもらう生活をしていたそうです。

噂では300万円を超える金額だとか。

しかし、武井さんがレースクイーンと浮気していることがばれてしまい破局。

2011年には会社や借金に関する裁判も起こされ、42万円の支払いを命じられました。

今ではなんともない金額なのでしょうが、当時はお金もなく月に5000円という分割払いで解決したそうです。

そんな事があったため、武井さんと山田さんの離婚も浮気が原因だったと思われているのでしょうね。

実際に何があったのかは、本人たちだけが知るところです。

再婚予定は?結婚したいの?

そんなわけで、武井さんは現在独身ですが、今後結婚(再婚)される予定はあるのでしょうか?

調べてみたところ、武井さんは過去にトーク番組で恋愛や結婚について語っていた事があります。

タレントの武井壮(44歳)が、8月21日に配信されたキングコング・西野亮廣(37歳)のトーク番組「豪華芸能人のプライベート24時間生配信!」(SHOWROOM)に出演。恋愛や結婚観などについて語った。

武井は「恋したいね〜恋に悩むことが全然ない。誰でもいい。もう誰でも良い!」と思いを吐露した。

武井は「今の気持ちは結婚なんて絶対しない!他の女の子追っかけたら、週刊誌に取られて仕事なくして謝罪してなんて…リスク高すぎるよ!」と意外な弱気発言。

因みに、この放送で武井さんと一緒に喋っていた西野さんも結婚否定派なので、お二人のトークはかなり盛り上がったようです笑。

発言からも分かるように、武井さんは今後結婚する気はなさそうですが、気の合う可愛い彼女が出来ると良いですね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.