大竹しのぶと明石家さんま、再婚の可能性は?元夫・服部晴治の死因は?

Pocket

女優やタレント、歌手としてデビュー当時から現在までまったく途切れることなく活躍されている大竹しのぶさん

芸能界でも屈指の演技派女優として知られています。

そんな大竹しのぶさん、過去に2度の結婚歴があります。最初の旦那さんは服部晴治さん、2番目の旦那さんは、あの明石家さんまさんです!

今回は、大竹しのぶさんと2人の元夫(旦那)との関係について見てきたいと思います。

大竹しのぶの元夫(旦那)・服部晴治について

大竹しのぶさんの最初の結婚相手である元夫(旦那)は服部晴治さん

TBSでディレクター職に就かれていた男性です。

大竹しのぶさんより17も年上です。結構離れてますね。

結婚した当時もかなり話題になったようですが、かなりの年の差カップルだったようです。

スポンサードリンク

ディレクターなので、テレビに出演する事はなく、ネット上に顔写真はあまり出回っていませんでした。

馴れ初めは略奪愛だった!?

大竹しのぶさんと服部晴治が結婚されたのは1982年ですが、お二人の馴れ初めが略奪婚だったというのはとても有名な話ですね。

詳細な馴れ初めエピソードについて見ていきましょう。

大竹しのぶが出演していたドラマ「恋人たち」がきっかけで付き合いだしたんだとか。

結婚する前、服部は女優の中村晃子(なかむらあきこ)と交際しており、大竹も服部に好意を寄せていくなかでその事実を知る。
まだ結婚してないとはいえ、三角関係の渦中にいた大竹。

しかも、この当時、服部さんと中村さんは婚約までしていたそうです。誰も二人の関係を邪魔する者は無いと思われましたが…。

当時人気絶頂の歌手中村晃子と婚約中のドラマプロデューサー服部清治氏に猛烈アタックした時の名文句が「あなたの子供を産みたい」だったそうです。

中村は大竹を「泥棒猫」と呼び非難しましたが31年前には文春の記事にならず無事?カップル成立、そして(長男)二千翔(にちか)が誕生しました。

これをきっかけに大竹しのぶさんは「魔性の女」、「略奪愛」のレッテルを貼られてしまったのです。

大竹しのぶさんは天然な性格で知られているので、昔からかなりモテていたのだと思いますが、流石に婚約中の恋人がいるカップルから略奪するのは擁護しづらいですよね。

ただ、世間から罵倒されても結婚までこぎつけたお二人の想いはかなり強いものだったのでしょうね。

1987年に服部晴治が死亡。死因はガン。

そんなわけで、略奪愛によって世間を騒がせた大竹さんと服部さんご夫婦ですが、その幸せは長くは続きませんでした。

1987年、旦那の服部さんと死別してしまったのです。

結婚して1年を過ぎた頃、服部に胃がんが見つかりました。
しかも医師から余命1年を宣告されました。
その時大竹は妊娠していましたが、
「医師から余命宣告を受けても、大竹は『それでも子供を産みたい』と長男を出産している。局看板ディレクターと結婚し、女優、妻、最後に母としての座を死守した大竹の執念は見上げたものと言うしかない」と芸能デスクは語っています。

服部晴治さんは入退院を繰り返し、余命1年と言われてから結局3年後の1987年に47歳の若さで亡くなりました。

夫の死に、当時の大竹さんはかなりのショックを受けていたようです。

略奪による世間の非難を乗り越えての結婚だったのですから、そりゃ落ち込みますよね。

大竹しのぶと服部晴治の息子の名前は服部二千翔。【画像】

大竹しのぶさんと亡くなられた服部晴治さんの間には、二千翔(にちか)さんという息子さんが誕生しています。

ねっち上ではフルネームは「服部二千翔」と表記されていますね。

二千翔さんについても少し見てみましょう。

東大出身なの?

二千翔さんが通っていた大学については諸説あり、「東大に通っていたのでは?」といった意見もありましたが、東大ではないようですね。

学歴は中学までは公立の学校に進学していたが、高校受験では、早稲田、慶應、立教、青学のすべてに合格して慶應に進学。

大学もそのまま慶應義塾大学を卒業しています。

かなり頭の切れる息子さんですね!

現在の職業は事務所のマネージメント!

二千翔さんは既に大学を卒業されていますが、現在はどのような職業に憑かれているのでしょうか?

大学卒業後はアメリカにわたって仕事をしていたそうです。

現在の職業は大竹さんやIMALUさんが所属している事務所・エスターでマネジメントを担当。

また芸能情報サイトの運営なども行っているそうです。

IMALUさんは、大竹しのぶさんと再婚相手の明石家さんまさんの間に生まれた娘さんです。

息子さんが事務所のマネジメントをされているなんて、不思議は家庭ですね笑。

ただ、芸能界では姉妹で事務所を持っている石田ゆり子さんや石田ひかりさんもいらっしゃいますし、決して珍しい事ではないのかもしれません。

大竹しのぶ、明石家さんまと再婚。

続きまして、大竹しのぶさんと2人目の元夫である明石家さんまさんとの結婚情報について見てみましょう。

とても有名なお2人なので、どんな関係だったのか気になりますね!

馴れ初め・結婚理由はドラマの共演。

お二人が再婚されたのは1988年。前夫の服部さんが亡くなられた僅か1年後です。

ビッグネームの夫婦が誕生したという事で、大竹しのぶさんはまたしても世間を賑わせました。

お二人の馴れ初めについて見ていきましょう。

さんまとはあの大ヒットしたドラマ「男女7人夏物語」で共演し、1988年に再婚しています。

当時の大竹は最愛の夫を病気でなくし落胆しきっていた時、半年は夜眠れず友達に電話し続けたがさすがに毎晩は遠慮した中で、共演していたさんまだけは2時でも3時でも快く答えてくれた優しさに励まされその優しさに癒やされました。

「さんまさんだけは夜中の3時に電話しても必ず起きていて、私の話を聞いてくれた。」本当に優しい人だった―と大竹は語る。

同時に長男二千翔に対して自分が幼少の頃、苦しんだ継母からの扱いから本当に我が子の様に接してくれたのを認めた大竹はさんまからのプロポーズを前夫の一周忌を過ぎた1988年31才、素直に受けることが出来たました。

旦那さんを亡くされて意気消沈している時に、親身になって相談に乗ってくれる優しい男性には心ひかれますよね。

また、実の息子ではない二千翔を本当の息子のように扱ってくれたさんまさんの懐の厚さは魅力的だと思います^^

そんなわけで、お二人はめでたく再婚されたのでありました。

前夫・服部晴治と結婚していた時から不倫関係だった!?

前夫と死別したという辛さから救ってくれたさんまさんと結婚した大竹さん。

しかし、なんとお二人の結婚にも、「不倫」というワードがつきまとっているようです…。

スポンサードリンク

「服部さんは、かなりの遊び人で、大竹と結婚後も銀座のクラブにも彼女が何人かいたんです。
ところが、胃がんになって、長期入院することになった。
大竹は、ひたすら夫を看病する健気な妻を演じていましたが、一方では、服部さんに内緒で、ドラマで共演したさんまとデートを繰り返していたんです」(元TBS関係者)

服部さんは、胃がんで87年に他界するが、大竹は夫が亡くなる前から、さんまと不倫関係にあったのだ。

なんと、前夫の服部さんと結婚後、お互いに浮気をしていたようです。

流石、「魔性の女」と呼ばれるだけの事はありますね。

ジャック
服部さん、浮気三昧だったのか。これでこそ男だ。
Marilyn
勝手な事言うんじゃないわよ。不倫をしなくて済むならそれが一番だわ。

子供(娘)はIMALU!【画像】

大竹しのぶさんと明石家さんまさんの娘さんはタレントのIMALUさん(本名:大竹いまる)です!

長男にしてもそうですが、珍しい名前をつけられていますね。

こちらはIMALUさんが産まれた時の家族写真です。

明石家さんまさん、とても若々しいですね!赤ちゃんもすやすや寝ていて可愛いです♪

こちらはIMALUさんが幼稚園の時の写真。

IMALUさんも可愛いですが、それ以上に若い頃の大竹しのぶさんの美人ぶりが凄まじいです笑。

そして現在がこちら。

メディアでは、完全にぶさいく扱いされているようです…。

個人的には、普通に可愛いと思うのですが、皆様いかがでしょうか…?

離婚理由は何だったの?

大竹しのぶさんと明石家さんまさんが離婚されたのは、1992年のこと。結婚生活は4年間と、今回もあまり長く続いたわけではないようです。

お二人の離婚理由は、どのようなものだったのでしょうか?

大竹しのぶさんと明石家さんまさんとの離婚原因は、本人たちが語るエピソード含め、さまざまな事柄が挙げられています。ただもっともよく言われているのが、「専業主婦を望んだ明石家さんまさんと、女優業を続けたかった大竹しのぶさん」との間に食い違いが出てきてしまったことです。

実際にさんまさんは結婚時に、大竹しのぶさんが家に入るという約束があったことを明かしています。

根っからの女優で憑依型女優となんて言われ方もする大竹しのぶさん。子供を産んでしばらくは良かったものの、長く家にとどまることはできなかったようです。

明石家さんまさんが専業主婦を望んでいたのは、結構意外でしたね。

割と奥さんに対しても放任的なのかと思っていましたが、時代の違いなのかもしれませんね。

大竹しのぶさんは演技派女優として知られていますから、結婚後もまだまだ自分の実力を試したいと思っていたのでしょう。

このあたりの価値観については、いくら好きな人でも一致させる事は難しいですよね。

結婚(離婚?)生活のエピソード

大竹しのぶさんと明石家さんまさんが結婚生活を送られていた時のエピソードを幾つかご紹介したいと思います。

さんま:「離婚間際、一遍、話、えらいもめたんですよ。
それで二階へ大竹さんが行って、オレが下で二時間ぐらいシーンとして、オレは暇で、もう(妻は)寝たやろとおもて、自分のビデオ、テレビに入れてみとったんです。
あんまりのおもしろさに、ひゃあー、ふひゃー、ってわろたんです。
そしたら、二階から、「まさか、(夫が)自分のビデオ見て笑ってるんじゃないだろうな、自分のテレビ見てわらっていたら別れよう、(ドア開けると)自分(夫)のテレビだ。それで、別れを決めた

大竹:「はい、ま、大体、そんな感じで・・・ドラマでも一緒に競演したんですけど、人が出ているところは絶対に早送りですだから、完成したものは、自分のところしか見ていない」

結婚のエピソードというか、離婚のエピソードですね笑。

ですが、お二人の結婚生活ではこういった出来事がとても多かった事でしょう。その時の光景が容易に頭に浮かびますね笑。

離婚の時の話って基本的に重たいですけど、流石は大竹さんとさんまさん、別れ方もとてもさわやかです。

生前元夫の服部晴治から「しのぶのことを宜しく」と頼まれていたさんま

大竹さんの元夫の服部さんは、なんと亡くなる直前、さんまさんに手紙を送っていたという事がテレビ番組で明かされています。

「(服部さんが)亡くなる2か月ぐらい前ですかね。『自分の体調があまりよくないので、僕が遊べない分、しのぶのことをどうぞよろしくお願いします』みたいなことを」

そう書かれた服部さんからの手紙を、さんまさんは受け取っていたというのです。大竹さんは、実際にその手紙を見せてもらったことはなく、後からその話を聞かされたといいます。

大竹さんとさんまさんが不倫していたことを知っていたのでしょうか。

その上で死期が迫っている事を悟った服部さんは、自分の後に大竹さんを幸せにしてくれるのはさんまさんだと思い、手紙を送ったのでしょう。

Marilyn
浮気ばっかりの人だったみたいだけど、こういったところはかっこいいと思うわ。

離婚後も「音楽の日」に出演。デュエットで「キライナヒト」を歌ったりと、仲良し!

さて、大竹しのぶさんと明石家さんまさんは離婚後も普通にテレビで共演されており、2018年7月14日に放送された「音楽の日」に出演された際は、デュエットで「キライナヒト」を熱唱されました!

高橋が2人の4年間の結婚生活エピソードをもとにして作った曲で、安住アナが「若い方は知らないかもしれませんが、2人は25年前までは結婚してましたね…」と説明すると、さんまが「知ってるわ!」とツッコミ。

「(娘の)IMALUが3歳のときまでね」と続けると、大竹が「違うって。2歳よ。どうしてそういうことを忘れるかなあ!ちゃんと覚えてて」とあきれた様子。

それでも、さんまは「3歳や」と譲らず、スタジオには笑いが。

曲前のトークを終えた3人は、掛け合いのような歌詞が魅力の「キライナヒト」を披露。

さんまと大竹は歌中で見事な“掛け合い”を見せていた。

離婚された後も夫婦のように仲良しなお2人、本当に素敵ですね!

この時の放送は視聴率が過去最高の15.6パーセントを記録したそうです。ビッグネームのカップル、恐るべし!ですね!

大竹しのぶと明石家さんま、復縁・再婚の可能性は?

大竹しのぶさんと明石家さんまさんはテレビで一緒に歌われたり、現在でも連絡を取り合ったりと、とても仲良しな関係でりあっしゃるそうです。

そんなお2人を見ていて誰もが思うのは、「再婚・復縁はしないの?」という事ですよね!

お二人の再婚説は、世間でもかなり多いです。しかし、結論から言いますと、お二人は再婚する気はないようです。

世の中では“さんま&大竹再婚論”が根強いが、この日のゲストのアイヴァンから「いつかヨリ戻してくれないかな、って思ってるんですけど。世の皆さんもそう思ってる…」と振られると、「離婚経験したら分かる。2度とないって」ときっぱり。

その理由を「離婚する時の話し合いなんて、とんでもないから」と力説し、「今は、上っ面の会話やから。入っていかないから。一歩踏み込まないから」と苦笑いで再婚説を否定。「だから今、『たまに会うといいよね』って言われる」と大竹のものまねで笑わせた。

好きで離婚の選択を選ぶ人なんていませんからね。散々悩んだ挙句、別れるという辛い選択肢を選んだはずですから、そう簡単に復縁できるようなものではないでしょう。

それでも、今の大竹しのぶさんと明石家さんまさんはとても素敵な関係だと思いますので、今後もテレビで共演している姿を見せてほしいですね!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.