木佐彩子の自宅の場所は広尾?実家はどこ?豪邸という噂に迫る!

Pocket

1994年からフジテレビのアナウンサーとして、現在はフリーアナウンサーとしてキャスターや司会を務められている、木佐彩子さん

同じく司会者でタレントの羽鳥慎一さんと同期である事や、90年代の終わりに「アンビリーバボー」に出演されていたことで知られています。

そんな彼女の、自宅と実家について、今回はみていきたいと思います。自宅は豪邸だという噂もあるのでとてもワクワクしますね…!

実家も豪邸なのでしょうか?こちらも気になるところです♪

木佐彩子の自宅の場所(住所)は広尾か港区青山?

木佐彩子アナウンサーと言えば、2000年に当時プロ野球選手として活躍されていた石井一久(いしいかずひさ)さんと結婚されましたよね!

結婚の一年後には産休や出産、また旦那である石井さんのサポートの為に家にいる事が多くなったようです。

そんなお二人が住んでいる自宅の場所(住所)がどこかについては諸説あるようです。

自宅は港区青山か渋谷区広尾にあると言われています。

スポンサードリンク

以前テレビで自宅が放映されていました。

ネット上の情報を基にすると、木佐彩子さんの自宅の場所は、港区か渋谷区の他に、大田区という3つの説がありました。

もう少し詳しく調べてみると、

自宅の場所は公開されていませんが、港区青山という情報が有力視されています。

ということでした。

他の情報を確認してみても、恐らく港区の青山に住んでいる可能性が高いでしょう。

具体的な住所については分かりません。

自宅が豪華すぎる件!!!

木佐さんと石井さんの愛の巣たる自宅はどんな所なのでしょうか?

Marilyn
アナウンサーと野球選手だからかなり良い所に住んでそうよね。
ジャック
そりゃそうだろ。俺には敵わんだろうけどな

それもそのはず、お二人が住んでいるという自宅は港区です。セレブ御用達の高級住宅街ですよね。

調べてみたところ、木佐さんの自宅は予想通りの超豪邸なんだそうです…!

彼女の自宅はテレビでも特集された事があり、その華やかさが話題を呼んだ事があります。

その時に紹介された自宅の中を、一部ご紹介していきたいと思います。

ホームシアター付きの40畳リビング!

まずはリビングから。ぱっと見ただけでもものすごい広さですね!そして壁をぐるっと囲うソファー!笑

自宅は一軒家で三階建て、90坪という規格外のサイズ。リビングだけで40畳もあり、トレーニングルーム、ホームシアター、ストック部屋(?)もある大豪邸です。テラス12帖、ダイニングキッチン15帖とどれも本当に規格外のサイズとなっていて、見る人を圧倒するような自宅です。土地だけで5億近い金額だということです。

土地だけで五億ですか…。建物やその他内装に費やすもろもろの費用を考えると気が遠くなりますね。

リビングを見渡せる対面型キッチン!ホームパーティーもよく行うようです。
リビングが40畳もあったら、何人友達を呼んでも大丈夫ですね。

40畳もあるようですから、かなりの広さのキッチンなのでしょうね。

このキッチンで、木佐さんが旦那さんやお子さんたちの為に料理をしている姿が浮かびます。

続きましてはこちら。

40畳もある広すぎるリビングにはホームシアターが完備されています。お金持ちの鉄板ではないでしょうか・・・。

40畳のリビングなんて、普通に住んでいたら持て余してしまうほどの広さですから、最初から知人を招待するつもりでいたんだと思います。

そうなれば、来客を楽しませるためにホームシアターを設置するというセレブは多いですよね^^

Marilyn
一度でいいから、自宅で映画をスクリーンで楽しんでみたいわね。

ゴルフ部屋(トレーニングルーム)も40畳!!!

木佐さんの自宅には、他にもゴルフ用具を置いている部屋があり、同時にその部屋はトレーニングルームとしても活用されているようです!

ゴルフ部屋という名のトレーニングルーム内に、所狭しとゴルフクラブが並べられています。それだけでも数百万円はする代物です。

一面鏡張りのトレーニングルームです。
野球のトレーニングかと思いきや、見えるのはゴルフばかりです。
トレーニングルームと言うよりは石井一久さんの趣味の部屋?

完全にゴルフの為の部屋のようです。トレーニングルームという事なので筋トレやウォーキングのマシーンが置いてあるのかと思いましたが、かなり物が少なく、スッキリとした部屋です。

こちらの部屋もリビングと同じく40畳。

ジャック
パターの練習をするには十分な広さだね。

倉庫には非常時のアイテムが大量にストック!

こちらは倉庫という名目で使われている部屋だそうですが、みたところソファーやテレビが置いてあって普通にくつろげそうな感じですね。

倉庫というよりも第二のリビングとして機能してそうなお部屋です。

また、このリビングのような倉庫とは別に、大量に日用生活品をストックしている「倉庫」があるんだとか!!!

石井一久さんは大の心配性で、例えば乾電池が残り22本になると不安になるのだとか・・・。

そんな心配性の夫をもつ木佐彩子さんの自宅には、常時トイレットペーパーが1年分、ペットボトルも当面は困らないほどの量が常備されています。

さらに驚くことに、日用品が常備されているストックルームは6畳なのですが、なんと広さ40畳ものストックルーム2号室があるそうです。その中には、買いだめしたテレビや空気清浄機などの家電製品の他、自転車なども常備されています。

家電製品を買いだめするなんて、常人には全く理解できないですね笑。

ジャック
テレビやその他の家電製品が一度に壊れるような大災害があれば話は別だけど、そんな事が起こったら、そもそも電気が通らないでしょうから、あまり気にしてくてもいいような気がするんだが…
Marilyn
余計な事言うんじゃないわよ。モノはいくらあってもいいものよ

石井一久さんによると、壊れたときのためにとのことなのですが、家電製品に関しては、いろいろと不都合も生じているようです。例えば掃除機に関していえば、購入してから月日が経ちすぎてしまい、フィルターと掃除機の型番が合わなくなってしまっていたりして、何のための備蓄なのかが分からなくなりかけているようです。

心配性にも限度というものがあるのですが、石井さんの心配性はとどまることを知らず広さ6畳のストックルーム3号室もあるのだとか。そこには、1号室と2号室に入り切っていないものや、新しく買ってきたものを置いておく場所として活躍しているそうです。

綺麗なリビングとは裏腹に、倉庫に大量に物をためているようですね。それにしてもストックルームなるものが3つもあるとは…、驚愕です。

どんな災害が来てもこれで大丈夫!…だといいですね笑。

車庫に歯愛車のロールスロイス、ベントレー、などなど…。

こちらは木佐彩子さんの旦那の石井一久さんと、その愛車の写真です。

写真に写っているのは、高級車として名高いロールスロイスですね。

こちら、3,500万円もするロールスロイスゴーストです!

その奥にちらっと写っている車は、レンジローバーという高級ワゴン車。

スポンサードリンク

こちらも、新車なら最低でも1000万円はするそうです。

さらに、上の写真には写っていませんが、もう一台、これまた高級車として知られているベントレーも所有しているんだそうです!!!

車種によって値段が違いますが、こちらも最低2000万円はかかると言われている超高級車です。

3台合わせて、6000万円から7000万円はするかと思います。

Marilyn
さすが、スターの金銭力はレベルが違うわね。

上の3台は全てイギリス製の高級車ですが、石井さんの中でイギリスがブームなのかもしれません笑。

また、石井さんは大のクルマ好きで、これまでにも何台も車を乗り継いでこられたようです。

過去に、嫁の木佐さんは、

「夫・石井一久が10年間で購入した車は2億円」

と告白した事もあったようです。

奥さんとしては、旦那のこの凄まじい車への愛着、どのように思われているんでしょうね笑。

ロサンゼルスの自宅も凄い!

木佐彩子さんは、旦那の石井一久さんがメジャーリーガーとしてアメリカに渡っていた時期は、アメリカ・ロサンゼルスに自宅を構えていたようです。

その時の自宅の写真がこちらの写真なのですが、、、

家というより、物語に出てくるお城のような雰囲気ですね笑。

アメリカは日本と比べると全てが大きいですが、まさに規格外の大きさの自宅です。

ジャック
なんだ~、これなら俺の家の方が立派だぜ
Marilyn
あんたが買ったわけじゃないでしょ!!!

また、実は木佐さん、帰国子女であり英語がペラペラであることでも知られています。

石井一久さんはあまり英語が喋れなかったようなので、木佐さんが石井さんのアメリカでの生活を助けていたそうです。頼りになる奥さんですね^^

自宅が豪邸なのは、旦那・石井一久の稼ぎのおかげ?

木佐彩子さんが現在住んでいる自宅が豪邸なのは、現役時代に野球選手として活躍されてきた旦那・石井一久さんの金銭力があったから、ということは言うまでもありません。

木佐彩子さんはフリーアナウンサーとして活躍していますが、旦那の石井一久氏は生涯年俸33億円とも言われています。この年俸があったからこそこの豪邸セレブ生活が送ることができるんですね。

しかし、木佐彩子さんもフリーアナウンサーとしてはかなりの高年収であり、一説には3360万円だとも言われています。

決して玉の輿に乗ったというわけではなかったんですね!

ジャック
そりゃ、男だって女に金銭力を求めるさ。石井一久も分かってらっしゃる~
Marilyn
あんたと石井一久をいっしょにしないでよね

木佐彩子の自宅選びに対するこだわりとは?

木佐彩子さんは、旦那さんの仕事の事情などもあり、引っ越しをしてきた回数がとても多いようです。

しかし、彼女にとって新居を選ぶのは一つの楽しみであり、新居を選ぶ際のこだわりがあるんだそうです!

アメリカに住んでいた時の家に対するこだわりを木佐さんが話していまいた。

私のこだわりは、バスルームなどの水回り、キッチンから部屋全体が見渡せるLDK、それから玄関。

忙しい平日は子供のご飯を作りながら、私はカウンターのこちら側でつまみぐいして夕食を済ませることもあります。だから、料理をしながらダイニングやリビングが見渡せ、家族の顔が見られるLDKにはこだわりたいんですね。

お風呂が大切なのは、私にとって一番リラックスできる場所だから。バスルームに絵を飾ったり、炭酸水を持ち込んだりしながらじわっーと汗をかくくらいまでゆっくり浸かってリフレッシュするのが至極の時間なんです。

実は私がこれまで住んだ家でもっとも好きだったのが、主人が大リーガー時代に住んでいたロサンゼルスの家のバスルームです。たまたま隣がとっても華やかな庭のあるお宅で、自宅のバスルームからもその草木や花を眺めることができたんです。隣のお宅の庭ってけっこう大事、ってこの時気づきました。

もうひとつ、玄関を開けた瞬間にふわっと温もりを感じることができる、そんな空気感がある家が好きです。玄関を大切に思うのは、実家暮らしだった時「ただいま」と帰れば母がいて、温かく迎えてくれたことがとても嬉しかったし心地よかったからだと思います。だから私もそういう家、家庭であるように心がけています。

木佐さんの自宅に対するこだわりは、家族に対するい愛情が感じられますね^^

旦那や子供の顔を見る事が出来る、家族のつながりを大切にしている、とても良い奥さんであり、母親だと思います。

これからも港区の家で幸せに暮らしてほしいですね!

木佐彩子の実家について

続きまして、木佐彩子さんの実家に関する情報を見ていきましょう。

木佐彩子さんは東京都出身ですが、生まれは母親の実家がある鳥取県米子市です。

幼少期を過ごされたのは東京都で、実家もそこにあります。

実家は、杉並区久我山と言われていますが、久我山と言えば言わずと知れた「高級住宅街」。

転勤が多かったということで、マンション暮らしだったようではありますが、4LDKの住まいだったと言われていますので、かなりゆとりのある暮らしだったと思われます。

マンションだったという事なので、現在は別の人が住んでいるものと思われます。

杉並区は都内でも住みやすさで言えばベスト5に入るほどの地域なので、かなり良い環境で育った事が分かります。

Marilyn
今の木佐さんの家に対するこだわりは、幼少期の体験が影響してるのかも。

実家の父親の職業(仕事)は?

木佐さんの実家の父親がどのような仕事をされていたのかについても調べてみました。

「海外勤務のあるサラリーマン」ということで、それなりの企業にお勤めのようですが、もちろん会社の名前などは明言されていません。

杉並区に住まわれていたという事なので、それなりに高収入な父親だったのではないでしょうか。

アナウンサーの父親って裕福な人が多い印象を受けますね。

父親が転勤族なので幼少期はアメリカ在住。どんな所に住んでいたの?

先述のとおり、木佐さんは帰国子女で、幼少期の7年間はアメリカに滞在していました。

父親の仕事の都合で小学2年生から中学2年生までをロサンゼルスで過ごされています。小学2年で渡米された時は、父親の会社の前任者が暮らしていた住まいにそのまま住んだそうですので、会社の中でも頻繁に転勤などがある会社なんでしょうね。

当時住んでいた自宅の写真までは見つかりませんでしたが、日本よりも広かったのではないでしょうか。

また、アメリカにいた頃の木佐さんの写真があったのでご紹介します!

ジャック
可愛いじゃないか~~~

ちゃんと現在の面影が残っています。かなり日焼けしているようですが笑。

アメリカにいる最初のうちは英語が喋れずに苦労した時期もあったようですが、その時があったからこそ、今の旦那である石井さんを支える事が出来たりしているんですね。

今後も家族でお幸せに!

スポンサードリンク
関連コンテンツ



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.