音無美紀子は息子が難病で宗教に?娘は?乳がんだったの?ステージは?

Pocket

70年代から80年代のNHK大河ドラマや、映画「男はつらいよ 寅次郎紙風船」への出演で知られている、女優の音無美紀子さん

今回ご紹介するのは、音無さんの息子や娘、そして乳がんで闘病していた時のエピソードについてご紹介したいと思います。

息子さんも病気になった事があるようなので、それについても見ていきましょう!

音無美紀子のプロフィール

まずは、音無美紀子さんのプロフィールをさらっとご紹介します!

野次馬
興味無い方はスルーしてね~

本名:音無美紀子
生年月日:1949年12月26日
出身地:東京都
血液型:B型
職業:女優
活動期間:1966年~
事務所:オフィスのいり

実家がアパレルを営んでいる親のもとに、6人姉妹の4女として生まれます。妹の一人は元女優の音無真喜子さんです。

ダンスやギター、茶道や華道を趣味が趣味です。

旦那は村井國夫。

スポンサードリンク

音無美紀子さんは、1975年に俳優・声優の村井国夫さんと結婚されました。

「インディ―ジョーンズシリーズ」の吹き替えや「浅見光彦シリーズ」で有名な方です。

しかし、結婚に至るまではかなりドロドロした関係だったようです。

村井さんは、音無さんと結婚する前は、別の女性と夫婦関係がありました。

村井さんは地井武男さんから音無さんを紹介されたのがきっかけで交際がはじまったといわれています。

村井さんが音無さんと交際がはじまってからは、地井さんは激怒して絶縁状態になったといいます。

音無さんが当時の村井さんに奥さんがいるのかを知ったいたかは分かりませんが、略奪婚のような形になってしまったようです。

結婚されてから、音無さんと村井さんの間には、息子と娘の2人の子供が誕生しています。

娘は村井麻友美。

音無美紀子さんの娘さんについてご紹介します。

娘さんのお名前は、村井麻友美(むらいまゆみ)さんです。

<プロフィール>

本名:村井麻友美
生年月日:1982年8月17日
出身地:東京都
身長:159cm
血液型:A型
職業:女優

主に、舞台女優として活動されている方なので、テレビで見る事はあまりないかもしれません。

2002年に舞台「花よりダンゴ」でデビューした麻友美さんは、その後も「レ・ミゼラブル」「金子みすゞの世界」「ひめゆり」などの舞台に次々と出演し、舞台女優としてのキャリアを重ねていきました。

2007年のチョーヤ梅酒のCMに出演されていますが、この時は両親である音無さんと村井さんとの共演でした!

両親が俳優として活動されているため、娘の麻友美さんも同じ道へ進まれたのでしょうね。

でもまさか、ご両親と一緒に共演する事が出来るなんて、夢にも思わなかった事でしょう笑。

ダイエットをして痩せた?

娘の麻友美さんですが、以前ダイエットをされていたという情報があったので、調べてみました。

若干ぽっちゃり体系の麻友美さんですが、以前テレビ番組のダイエット企画でダイエットをされて、少しスリムになったみたいです。

あまりテレビに出演されているところを見た事が無いため、知らないという方も多いかもしれませんね。

個人的には、ぽっちゃりしていた方が健康的で良いと思いますが笑。

息子が難病で発達障害?

こちらは、音無美紀子さんの息子さんである、村井健太郎さんです。

現在は俳優として活動されているそうですが、あまり売れていないようで、名前は聞きませんよね。

そんな息子さんが昔、難病にかかっていたといううわさがありましたので、調べてみました。

健太郎さんは幼い時に発達障害という難病にかかっており、周りの子供よりも発達が遅れていたようです。

小学校高学年になっても教室街に飛び出していくような子だったようです。

しかし、この難病と闘い続けた健太郎さんは奇跡的に直り高校卒業後は多摩川大学に進学しています。

発達障害と闘いながら、大学に合格したというのは相当の努力をされたのだと思います。

芸能人だと、モデルの栗原類さんも発達障害ですが、モデルや俳優として成功し、大活躍されていますよね。

ネット上の情報によると、謙太郎さんの発達障害は治ったということになっていますが、実際に完治したのかどうかは不明です。

宗教団体「統一教会」で息子の病気を治した?

スポンサードリンク

息子の謙太郎さんの発達障害を治すために、母親である音無美紀子さんがした事は、「統一教会」という宗教団体に入信した事でした。

野次馬
なんか一気に胡散臭くなったな…苦笑

統一教会というのは、韓国から発祥したキリスト教系の宗教団体で、有名な芸能人や政治家が複数入信していると言われています。

かなり怪しい臭いがしますね笑。

しかし、当時の音無さんにとって、息子さんの発達障害が回復するには、神に祈る他無かったのでしょう…。

息子の発達障害は治ったのか?

音無さんが宗教に入れ込んだことによって息子さんの難病が治ったかどうかについては、正直分かりませんよね^^;

ネット上では、息子の健太郎さんの発達障害は治ったことになっていますが、それが宗教の効果なのかは微妙です。

実際、音無さんは統一教会に入信していた頃は、多額のお布施を寄付していたりしたようなので、人を救う宗教というよりはビジネスのような気がします。

ただ、健太郎さんは現在は俳優として活動されているという事なので、発達障害がかなり改善されたのは間違いないでしょう。

宗教にハマった理由は「旦那の浮気」も?

音無美紀子さんが統一教会という宗教に入信したのは、息子さんの難病だけが原因ではないようです。

調べてみたところ、旦那の村井国夫さんが浮気性だったため、それも悩みの種だったようです。

音無美紀子は生真面目で完璧主義な性格で、村井國夫の浮気や、息子の発達障害などに悩み、乳がんの手術後に発症したという自身のうつ病に苦しんだり、新興宗教に入信したりして、大いに芸能マスコミを騒がした時期も。

ひたむきな妻・音無美紀子の姿に、さすがの村井國夫も今では改心し、元のオシドリ夫婦に戻っています。

今では音無さんは宗教からはすっかり足を洗っているそうです。

色々と辛い出来事があった上に、元からの完璧主義が災いして、追い詰められてしまったのでしょう。

野次馬
弱ってるときが一番付け込まれやすいタイミングだからね。皆さんもお気を付け下さい。

乳がんだったの?

音無美紀子さんは、実は乳がんと闘病していたという過去があります。

これについて詳しく見ていきましょう。

ステージ1での早期発見。しかしその後うつ病に。

こちらは音無さんが乳がんになった時の体験談です。

1988年5月、音無美紀子は入浴したときに自分の胸を触り、左の乳房に小さなしこりがあるのに気がついたそうです。

検査の結果は、やはり、「乳がん」でした。

音無はセカンドオピニオンを友人に勧められて翌日、慶応病院も受診してみたらしいのですが、結果は同じ、「乳がん」でステージ1期の診断が下ったそうです。

そして音無は同年8月末、慶応病院に入院。

翌9月には、10時間に及ぶ手術を受けることになったのです。

乳がんステージ1期という早期発見のため、温存手術を諦めきれない気持ちもあったらしいのですが、再発の危険性をできる限り排除するために全摘手術の決断をしました。

ステージ1での発見だったということもあり、手術は成功し、その後しばらくして退院する事が出来るのですが、退院後に仕事や家事が思うように出来るはずもなく、音無さんはうつ病になってしまいます。

何もできない自分に嫌気がさし、自殺願望を芽生えていたそうです。

家族の支えで復帰

退院後、うつ病になっていた音無さんを支えたのは、夫と娘さんでした。

音無さんに、村井國夫さんは「死んでもいいよ」と言ったといいます…。

ただしその後すぐ、「もう1年だけ生きて欲しい…。子どもたちはまだ小さいから、1年くれれば僕が君から家事を教わって育児ができるようになると思うんだ…。」と言ったそうです。

「1年間育児を一緒に楽しもう」という彼の言葉を聞いて、逆に「生きなきゃ…」という気持ちになりました。

また、当時まだ幼かった娘の麻友美さんは、

「ママって笑わない。ママが笑った顔が見たい。ママが笑うとかわいいのに」

と言われた事によって、徐々に生きるための活力を取り戻していったそうです。

現在ではすっかり元気になり、女優のお仕事にも復帰されています。

野次馬
家族の支えが無いと乗り越えられたい時もあるからね。本当に辛い時は誰かに寄りかかるのも良いとおもいます。
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.