沢口靖子のホクロがなくなったけど復活してる?病院で除去したの?

Pocket

シリアスや役からコミカルな役まで演じ分け、美人でありながら大阪出身らしい漫才チックな正確とのギャップで、他の女優さんにはない魅力を持っている沢口靖子さん。

1984年に公開された映画「ゴジラ」では、アカデミー賞新人俳優賞を受賞されていることもあり、若い頃から演技力には定評がある演技は女優さんです。

この記事でお話しするのは彼女の「ほくろ」にまつわる噂についてです。

何やらネット上では、彼女がほくろを除去したという話が出回っているようなので、その詳細な情報について見ていきたいと思います。

それではさっそく行きましょう!

沢口靖子さんのホクロについて。

沢口靖子さんは、デビュー当時から顔のほくろが目立つという事をよく話題にされていたみたいです。

泣きホクロだと色気があるという事で好かれますが、ホクロも場所によっては結構気になることもありますからね。

どこにほくろがあるのか、彼女の顔写真を見て確認しましょう。

まずはこちら。

スポンサードリンク

左の鼻の孔の縁のあたりに黒くほくろが見えているのがお分かりいただけるでしょうか?

場所が場所なので、場合によっては鼻くそと見間違えてしまいそうですね。

なかなか嫌な位置にあります。

次はこちらの写真をご覧ください。

こちらはすぐにお分かりいただけると思います。

唇のすぐ上にあるホクロです。

こちらはそれほど気になる位置にはありません。

でも、写真によっては光の加減などでこのホクロがかなり大きく見えることがあるんですよね。

デビュー当時もこれらのホクロが気になると感じていた人は多かったらしく、案の定、鼻くそ呼ばわりする人もおり、

「ホクロさえなければ完璧」

という意見もあったそうです。

ホクロがなくなった!?

そんなホクロが気になる沢口靖子さんですが、ホクロがなくなっているということで話題になっているようです。

その詳細がこちら。

『科捜研の女』14シーズン(2014年10~12月)の頃にはネット上で、「13シーズン(2013年10月~2014年3月)の時にはあったほくろがなくなっている」と指摘され始め、いよいよ15シーズンが始まると、「顔に遭った他のホクロも完璧に消えた!」と話題沸騰なのである。

ホクロが消えた程度で話題沸騰するほどでもないと思いますが笑、彼女のほくろを気にしていた往年のファンも、これには大喜びですね!

しかし、本当にほくろがなくなっているのか、気になりますよね。

早速写真を見て比較してみましょう!

『科捜研の女』13シーズンの沢口さんのホクロ

まずは、彼女のホクロがまだあったと言われている、科捜研の女の13シーズンの沢口靖子さんの写真を見ていきましょう。

ちょっと分かりずらいですが、他に画像がありませんでした、どうかお許しを汗。

左の鼻の穴の縁と唇の上にホクロがあるのがはっきりとわかるかと思います。

鼻の横に黒く影が出来ていますからね。

この時はまだ、ほくろが健在だったようです。

14~15シーズンにおける沢口さんのホクロ

では続きまして、ホクロがなくなったと話題の14シーズン以降の沢口さんの顔写真を見ていきましょう。

こちらがその写真になります。

確かに、鼻の下と唇の上のホクロは見当たりません。

スポンサードリンク

鼻の縁のホクロがなくなっていることは特に嬉しいですね!

これで鼻くそだの何だの、色々と言われずに済みます笑。

ホクロはどうやって消したのか

さて、沢口靖子さんのホクロがなくなったことを見て、誰もが思うであろうことは、

「どうやってホクロを消したのか?」ということです。

ホクロを消した手段として考えられる方法は3つあります。

その方法というのはこちら。

・病院で除去してもらう方法
・映像処理
・化粧によるホクロ隠し

彼女のホクロがなくなったのは、この3つのどれかだと見て間違いないでしょう。

もしも彼女がホクロが完全になくなったのであれば、それは病院で除去してもらう以外に方法がありませんよね。

という訳で、沢口さんがホクロ除去の為に病院に行ったのかについて調べてみることにしました!

病院でホクロを除去してもらったのか?

沢口さんの「病院でのホクロ除去説」について調べてみると、以下のような情報がありました。

女性セブンが沢口さんの事務所に取材をして、科捜研の女はメイクなのか除去なのか。について尋ねてみると、「そうした質問にはお答えできかねます」という答えだった。

またネット上では「ホクロを除去したとなると、芸能人が多く通う高須クリニックでは?」という噂もあるようですが、真相は定かではありません。

なるほど、病院に通ったのかそうでないのか、どちらとも言い難い答えですね。

まあ、事務所がこういった質問に正面から答えるとも思えませんし、仮に高須クリニックに通ったとしても、病院に問い合わせたところで答えは同じでしょう。

という訳で、病院で除去してもらったかどうかは分かりませんでした。

ホクロが復活してる?

さて、病院で除去したかどうかが分からないとなると、残る可能性は、映像処理によって消したか、化粧によって消したかの2択が残りますね。

いずれにしても、実際には彼女のホクロは残っているという事になります。

とはいったものの、もしも沢口さんがドラマや映画に出演した際に映像処理や化粧によってホクロが消されているのであれば、判断のしようがありません。

実際、沢口さんが出演されている最近のドラマを見てみましたが、どれもホクロは綺麗になくなっており、化粧か映像処理かも分かりませんでした。

というわけで、演じている時以外の写真を探してきました。

こちらの写真は2015年の沢口さんの写真です。

鮮明ではありませんが、2つのほくろが写っているのがお分かり頂けるでしょうか。

左の鼻の穴の下が分かりやすいと思います。

それ以上に、激やせしていることが気になりますが…笑。

そう、彼女のホクロは実際に除去されてしまったわけではなかったという訳です。

また、私が見た限りではテレビドラマに出演されている彼女のホクロは見当たりませんでしたが、角度や光の当たり具合によっては、ホクロが復活しているといった情報もありました。

つまり、彼女は「科捜研の女」の14シリーズ以降は、化粧か映像処理によってホクロを見えなくしていたという事になります。

化粧でホクロを消すことはもちろんできますが、最近では映像技術が進歩していますからね、ホクロやシミを消して美肌を演出することなんて造作もありませんからね。

往年のファンの中には、沢口さんのホクロがなくなったという事で喜んでいる人もいたかもしれませんが、残念でしたね。

ただし、彼女のホクロに愛嬌を感じて、チャームポイントとして見ているファンの方もいらっしゃるようなので、そういったファンたちのことを考えれば、ホクロを残して置いたままでよかったのかもしれませんね!

「科捜研の女」や「鉄道捜査官」といったドラマシリーズに長年出演されている、演技派女優の沢口靖子さん。 2018年で53歳になら...
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.